毎年恒例 ボジョレー・ヌーヴォー解禁日イベント!


※満席となりましたので、ご予約受付を終了いたしました。

たくさんのご連絡ありがとうございました。(10月24日・13時)



11月の第三木曜日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日。

今年は11月16日です!


美味しくて、楽しくて、おなかいっぱいでお買い物もできちゃう

恒例のボジョレー・ヌーヴォー試飲会、

今年ももちろん開催いたします。


今回もいつものように

昵懇のご近所のワインセレクトショップ Pour Vousさんとの

コラボイベントです。


一口にボジョレー・ヌーヴォーと言っても、

作り手によって味わいはほんとうに様々なのです。

Pour Vousの麻衣子さんが選んだ個性豊かなボジョレー・ヌーヴォーを

あれこれと比べながら味わって、ゼヒお気に入りの一本を見つけて下さい。


気に入ったワインと出会えたら、その場でお買い物も出来ますので

おうちに持ち帰って、美味しいおつまみと一緒に

そしてご家族の方と一緒に

ゆっくりとお楽しみ頂けたらとてもとても嬉しいです!



*****



日時:


11月16日(木) 


第1部/12:30〜14:30

or

第2部/18:00〜20:00


定員:


各回ともに12名さま


参加費:


6,000円


場所:


昵懇

http://jiccon.com/map.html


内容:


昵懇のお料理を味わいつつ

Pour Vousさんセレクトのヌーヴォーを中心とした

ガメ品種のワインをお楽しみ頂きます。



お申し込み:


ワインセレクトショップ Pour Vous 金井さんまで

メールにてお願いいたします。


メールアドレスはコチラ。

wine_pourvous@yahoo.co.jp


その際、以下の3点をお忘れなくご明記下さい。


1.お名前


2.ご連絡先

(緊急の際にも連絡がとれるよう、なるべく携帯番号をお願いいたします)


3.ご参加ご希望の回/第1部(12:30〜)or 第2部(18:00〜)



******



イベントの詳細につきましては、Pour Vousさんの

ブログやFacebookページも合わせてご参照下さいませ。



Pour Vous通信

http://blog.livedoor.jp/wine_pourvous/ 


Pour Vous Facebookページ

https://www.facebook.com/pourvous.wine.hayama



みなさまにご好評頂いているイベントですので、

ピンッと来たらどうかお早めにお申し込み下さい。

とくに第2部は早々に満席になってしまうことが多いです。

よろしくお願いいたします。


今年もみなさまのご参加をお待ちしております!


Uf-fuの紅茶と美味しいもの


※満席となりましたので、ご予約受付を終了いたしました。


ウーフの紅茶を飲むようになってから、食事の時でも

おやつのときでも、いつでも

紅茶の入ったポットとカップがテーブルの上に置かれることが

すっかり日常のこととなりました。


その時にいっしょにテーブルに上る食べものが

いわゆる“紅茶にあう”ようなケーキやサンドウィッチetc…でなくて

普段の和風のごはんでも、チャーハンやパスタでも、和菓子でも、何でも。


食べものとの相性を全然考えない、ということはないですが、

だいたいはその時の気分で飲みたい紅茶を淹れています。


紅茶というと、朝ごはんやお茶の時間に

洋菓子やケーキと合わせて淹れるもの、というような感覚が

たぶん世の中にはあって、

思えばわたしもウーフの紅茶を知るまではそうだったなぁ…と

時々ふと思ったりします。


緑茶やほうじ茶なんかは、食べものとの相性やシチュエーションなど

とくに考えずにいつでも気楽に淹れるし、お客さんにも出したりするのに、

紅茶となるとなぜちょっといろいろなことを考えてしまうのかなって。


ウーフの大西さんがテイスティングを重ねて選んだ紅茶は

味わいも香りもお茶の色合いもほんとうに豊かで様々です。

緑茶や烏龍茶のようだったり、カカオのような香りがしたり、

お砂糖なんか少しも入れていないのに、深い甘みがあったり。


ウーフの紅茶を飲むにつれ、これまでわたしの頭の中にあった

紅茶の固定概念みたいなものがすっかりなくなって、

お茶の製法が“紅茶”というものに分類されるだけで、特別なことは何もなく

『ふつうにお茶なんだな〜』とすごく思うようになりました。

『紅茶だから○○』って考える必要はぜんぜんないんだなって。


気にいった紅茶を3、4種類手元に置いて、その時の気分で好きなお茶を淹れ、

冷めるのも気にせずゆっくりと時間をかけて味わうのは

とても心豊かな時間です。

(お茶は熱いうちに、と思いがちですけど

すっかり冷めきってからが美味しいこと、多いのですよ。

待ちきれないかもしれないけどやってみて!)


『紅茶が日々の暮らしの中にもっと自由に溶け込みますように』


『何かにとらわれずに自分のやり方で楽しむひとが増えたらいいな』


そんなことを想いながら、昵懇に来てくださった方にいつも紅茶を淹れています。

ウーフのお茶に紅茶の自由さを教えてもらって、わたしは毎日がとても豊かになったので。


そんなこんなで、ようやく本題。笑


ここまで長々と書き連ねてきたことを

実際にお伝えするには、わたしひとりのチカラでは小さすぎ…


百聞は一見にしかずともいいますし…


10月18日にウーフの大西さんが昵懇に来てくれて

大西さんの淹れてくれる紅茶と美味しいものとの

ペアリングの会をやります!


内容はまだきちんと考えていないのですが

(ご安心ください。日々じわじわと考えてますからね)、

紅茶に合わせる食べものっていったら、スコーンとかサンドウィッチだよね

ということにはしないよーと思っています。


ご参加お待ちいたしておりまーす!



**********


【ウーフの紅茶と昵懇の美味しいものの会】


●日時

10月18日(水)12時30分〜

※2時間程の予定ですが、ちょっと長引くかも


●参加費

6,000円(税込)


●お申し込み


お名前、携帯電話番号、ご参加人数をご明記のうえ

mail@jiccon.com

までメールにてご連絡ください。


その際メールの件名を【10月18日 紅茶の会】としてください。


おひとりさまのご連絡につき2名さままでの

お申し込みを承ります。


9月25日(月):朝9時より受付を始めます。


よろしくお願いいたします。


**********



なの懇 〜夏の陣 2017〜

 

 

※すべての回におきまして満席となりましたので

ご予約受付を終了いたしました。

 

 

 

前回の餡バーの餡子たち〜♪

 

美味しくて、楽しくて、ときどきびっくりしたりもする

なの懇。

 

おかげさまで2回目を開催する運びとなりました。

(というか、前回終った時点でもう決まっていたのですけどね。

楽しすぎたので 笑)

 

初めての『なの懇』は今年の2月の終わり頃。。。

 

実はその時、ほとんど打ち合わせをせず、

なのさんと私のアタマの中にあるなんとなくのイメージを

なんとなくすり合わせて、なんとなく当日を迎えました。

 

なのさんが作られる和菓子や冷菓を何度か頂いて

私がつくる食べものと、なのさんが生み出す世界の底には

同じような感じがあると

恐れ多くも!ずうずうしくも!!

ひとりで勝手に想っていたので。

 

あまり打ち合わせをしない方が、当日に私たちも楽しめるよね〜

なんて思っていたりもして。

 

そしてフタを開けてみたら、やっぱりとっても楽しく、

心地よく、ちょっと不思議な時間が流れました。

 

そんなわけで、今回もゆる〜と。

打ち合わせもほどほどに。笑

 

暑い日々ではありますが、

なのさんと昵懇の用意するいろいろなお茶と一緒に

なの×昵懇の味わいをお楽しみ頂けたらうれしいです。

 

**********

 

日時:

 

8月5日(土) 

 

●13時〜 :満席

 

●16時〜:満席

 

 

参加費:

 

4,500円

 

場所:

 

昵懇

 

ご予約:

mail@jiccon.com までメールでお願いします。

その場合、件名を〈なの懇〉として下さい。

メールには下記の3点をご明記下さい。

**********

1. お名前

2. 携帯電話番号

 

3.ご希望の回

 

**********

ご予約のメールを頂きましたら、こちらから折り返しご連絡いたします。
メールチェックは常々しておりまして、お返事は一両日中には
必ず差し上げるようにしております。

※お申し込み時にすでに満席の場合でも、その旨のご連絡を差し上げています。


メール送信より2日過ぎても昵懇からの返信がない場合には、
恐れ入りますが送信アカウントを変えて再度ご連絡下さい。

 

※ご注意下さい!※

携帯よりご連絡を頂く場合には、パソコンから送信されたメールが
受け取れるように受信設定をご確認下さい。
携帯宛にメールをお届けできないことがとても多いのです。
どうぞよろしくお願いします。

 

 

こつこつと、もくもくと、たんたんと  

 

 

 

 

 

少し前のことになりますが

山口県長門市の俵山にある『ロバの本屋』さんへ

お料理をしに行って来ました。

 

ロバの本屋のいのまたさんとは

経堂でお互いに店をやっていた時からの知り合いで、、、

というか、いのまたさんが経堂のすずらん通りの奥で

『ロバロバカフェ』をやってくれていたことがご縁で

私も経堂で店を始めたようなものなのです。

もう10年以上も前のハナシですけど。

 

なんだかあの頃は、ふたりともほんとうによくがんばっていたと思う。

いや、今だってもちろんしっかりがんばっているのですけど。

なんというか、“学生時代のきつい部活を一緒にがんばった”

みたいな感じがあります。いのまたさんとは。

今思い返せば楽しかったけどね、みたいな。笑

 

その後お互いに経堂を離れ、

いのまたさんは俵山で『ロバの本屋』を、

私は葉山で『昵懇』を始めることになり

ふたりとも経堂の頃よりも自分が想ったことやカタチを

少しずつ実現できているように思います。

 

そんな風になんとなく似たような時間の流れも手伝って

いのまたさんとはその後もずっとお付き合いが続いていて

ロバの本屋での“こつこつ、もくもく、たんたん”のイベントも

今回で4回目となりました。

 

そして今回、私は初めてロバの本屋さんで出張料理をすることになり!

どきどきわくわく。

 

6月16日の夜にちょっと本格的なコースのお食事を、

18日にはカフェで簡単なオムレツのプレートやおやつをお出ししたのですが、

中日(ゆっくりする予定だった・・・)の17日含め、

仕込みとか、みんなのごはんの支度とかで

なんだかんだとずっとずっとずーーーっと

いのまたさんちの台所で料理をしていました。

 

風通しがよく、柔らかな自然光が降りそそぐ、

いのまたさんちの昔ながらの土間の台所、

ほんとうに居心地がよかった。

 

いろいろ揃っていて、整然と機能的なキッチンはもちろん使いやすいです。

けど、使いやすいことと居心地がよいことがイコールでは決してなく

普段そのキッチンが誰にどんな風に愛されて

どうやって使われているか、

ということが居心地のよさに繋がるのだと思います。

 

いのまたさんちの台所は、たぶんそこに立つ時間が一番長い

いのまたさんはもちろん、家族のりゅうちゃんやビクター(愛犬)、ミーコやん(愛猫)

そして、代わる代わるいのまたさんちに泊まりに来る

たくさんのひとたちみんなに愛されているんだろうなぁと思いました。

 

あんな心地よい台所があるならば、おうち全体の居心地もよいに決まってる。

 

そんな場所に立って料理をし続けた3日間

今思い返してもほんとうにシアワセな気持ちになります。

 

きちんとしたお料理のイベントは、ロバの本屋さんでは

今回が初めてだったとのことで

実はずっと緊張していたといういのまたさん。

そして、だんなさんのりゅうちゃんまでも

『今までやったことないし、どうなるのかな〜って緊張してた〜』って。

 

それを聞いて、『え〜?なんでよ〜?』なんて笑いつつも、

ほんというとなんだかぎゅーっとした気持ちになって

ちょっと泣きそうになった。

 

私としては普段やっていることをきっちりやるだけだし

出張料理ももう何回目かでだいぶ要領も分かったきたし

今回はいのまたさん、外間さん、Picnikaのつるくんという

贅沢な助っ人に助けられて、いつもよりも楽ちんさせてもらったな、

という感じだったのに。

 

直接手を貸すとか、手伝うとか目の前の現実的なことだけじゃなくて、

目には映らないけれども、こういう誰かの気持ちや想いに

支えられているんだなって。

時々、全部自分ひとりでやっているかのような気持ちに

ついとらわれることがあるけれど

そうやってひっそりと、けどしっかりと力になってくれている何かが

いつも必ずあることを絶対に忘れてはいけないんだって。

いつも誰かに助けられているんだなって。

 

『ロバの本屋さんって遠いの?』

 

『すごく山奥なの?』

 

ってよく聞かれます。

 

山口の宇部空港から本数の全然ないローカル線を乗り継いだりするし、

バスにも乗るし、着いた先はかなりの山奥です。

 

ロバの本屋からちょっと歩いて行ける範囲に

コンビニもスーパーもないし、

外食出来るようなお店もないです。

 

けど、たくさんの樹々が生み出す濃い緑の空気と

空を埋めつくす星と

星と同化するかのように飛び交う蛍と

山の静寂と、

そしてなによりも、ロバの本屋がある。

 

つまり、なんでもある。

 

いろいろ考えずに、ほんとうに行ってみたいところには

行ってみたらいいのに、と思う。

実際に足を運ばずとも得られる情報がたくさんあるから

なんとなくそれで満足してしまって・・・

ということがあるけれど

自分の足で行ってみないと、立ってみないと

食べてみないと、話してみないと

感じられない事であふれている、という素晴らしい現実があるのです。

 

来年、自信を持ってまたここに来る事ができるように、

私は自分の今の居場所の葉山の台所で

こつこつ、もくもく、たんたんと日々を重ねてゆこうと思います。

 

みなさん、ほんとうにありがとうございました。

 

 

こつこつ、もくもく、たんたん vol.4 

 

ロバの本屋さんでお料理をいたします。

お近くにお住まいでしたら、ゼヒ遊びにいらして下さいませ〜!

 

 

 

 

こつこつ、もくもく、たんたん vol.4

「テディベア、美味しいものを持ってふたたび蛍を見に行く」

 

2017.6.16(金)〜27(火)※水木休み

 

11:00〜17:00 

 

山口県長門市俵山

「ロバの本屋」にて

 

外間宏政・・・テディベア

ねじまき雲・・・自家焙煎珈琲豆

Picnika・・・東欧の古道具と手仕事

昵懇・・・料理、焼き菓子

 

日々、こつこつ、もくもく、たんたんとテディベアを作っている外間宏政さんと

日々、こつこつ、もくもく、たんたんと“おいしい”を作っている

「昵懇」と「ねじまき雲」が

蛍の季節、ふたたび俵山に集います。

 

会期中、「Picnika」が、東欧の古道具や手仕事たちを運んで来てくれます。

 

 

*******

 

【「昵懇」夜のレストラン】※要予約

6月16日(金)19:00〜

7,000円

地元の素材を使ったコース仕立てのお料理(デザート付)を

Picnikaの器でゆっくり召し上がっていただきます

 

【「昵懇」昼の軽食】

6月18日(日)11:00〜17:00

(ラストオーダー16:00)

こちらは予約の必要はないので、お気軽にいらしてください

 

【テディベア作りワークショップ】※要予約

6月16日(金)〜20日(火)の期間

13:00 〜 仕上がるまで(だいたい2〜3時間くらい)

たんぽぽベア(DM写真のベア)

サイズ約260mm・フルジョイント(頭両手足可動)

参加費/28,000円(お茶と昵懇の焼き菓子付き)

 

※予約はすべてロバの本屋まで

 

 

 

アペリティフの会

 

※すべての回におきまして満席となりましたので

受付を終了いたしました。

ありがとうございました!



 

 

ワインセレクトショップ Pour Vousさんとのコラボイベント

6月の第一木曜日 “アペリティフの日”に毎年開催しています

【アペリティフの会】今年ももちろんやりますよー!

 

Pour Vousの金井麻衣子さんが選んだ
アペリティフにぴったりの泡ものや白、ロゼなど
美味しい自然派ワインに合わせて
昵懇が美味しいおつまみをいろいろ作ります。

気に入ったワインと出会えたら、その場でお買い物も出来ますので
ゼヒおうちに1本(といわず、2〜3本!)持ち帰って
初夏の夕暮れ時をゆっくりとお楽しみ下さい。
昵懇のおつまみもおうち飲みメニューの参考になれば
嬉しいです。

 

今年は6月の第一木曜日が6月の1日という

なんだかちょっとびっくりな日程でありまして、

Pour Vousの麻衣子さんとふたりで

『なんか早いよねぇ?』ってびっくり&ちょっぴり慌てつつ

ご参加のご予約受付を始めます。

 

毎回人気のイベントですので、お申し込みはお早めにどうぞ!



*****


【アペリティフの会】

日時:
6月1日(木) 

第1部/12:30〜14:30 ※満席
or
第2部/18:00〜20:00 ※満席

定員:
各回ともに12名さま

参加費:
5,500円

場所:
昵懇

内容:
シュワッと泡モノ+美味しい白+α・・・
Pour Vousさんセレクトの自然派ワインに合わせて
昵懇がいろいろなおつまみをご用意いたします。

お申し込み・お問い合わせ:

ワインセレクトショップ Pour Vous 金井麻衣子さんまで
メールにてお願いいたします。

wine_pourvous@yahoo.co.jp

お申し込みの際には、メールに以下の4点をご明記下さい。

1. お名前

2. ご連絡先(緊急の際にも連絡がとれるよう、携帯番号をお願いします。)

3. ご参加の人数:

4. ご希望の時間帯:第1部(12:30〜)or 第2部(18:00〜)

※携帯からメールをされる場合には、パソコンからのメールが
受け取れるよう、受信設定をご確認下さい。


*****

きらきらひかる、テディベアと週末展 vol.4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【きらきらひかる、テディベアと週末展 vol.4】

 

海も山もきらきらな春の光で満ちあふれる4月の葉山。

今年もThe Dandelion Press Bearのテディベアたちが

昵懇に集まります。

 

2017年4月

 

7(金)・8(土)・9(日)

 

15(土)16(日)・17(月)

 

21(金)・22(土)・23(日)

 

28(金)・29(土)・30(日)

 

OPEN:12時〜18時

 

期間中、昵懇2階ではThe Dandelion Press Bear 外間宏政さんの

テディベアを展示販売いたします。

昵懇1階はカフェとしてオープンします。

テディベア作りのワークショップもあります。

 

外間宏政ホームページ http://tdpb-hokama-h.com

 

 

************

 

 

【WORK SHOP】

 

※完全予約制 お茶とお菓子付き

 

 

 

①もこもこゴールドビックベア:写真/右

サイズ/約410mm・フルジョイント(頭・両手足が動きます)

参加費/¥78,000

定員/4名さま(空席2名さま)

※一旦満席になったのですが、ご好評につきキットを追加しました!

 

②鼻ぺちゃピーナッツベア:写真/ニコのとなり

サイズ/約190mm・4ジョイント(両手足が動きます)

参加費/¥18,000

定員/4名さま(空席2名さま)

 

③みみなが黒いピーナッツいぬ:写真/もじゃもじゃの黒いコ

サイズ/約170mm・4ジョイント(両手足が動きます)

参加費/¥17,000

定員/3名さま ※満席

 

※オープンの日程、すべての日にちで受付をしております。

ご希望の日にちをお知らせ下さいませ。

(なるべく第2希望日までお知らせ下さい)

 

※ワークショップは13時〜出来上がり次第終了です。

 

※ご予約・お問い合わせはmail@jiccon.comまでお願いいたします。

 

 

 

Uf-fuさんの紅茶の会

 

※満席となりましたので

ご予約受付を終了したしました。

 

芦屋の紅茶屋さんUf-fuの大西さんが

昵懇に紅茶を淹れに来てくれますよ〜!

 

 

 

 

日時:

 

4月19日(水) 

 

13時30分〜

(2時間くらいかな?もうちょっとかな?)

 

参加費:

 

5,000円

 

場所:

 

昵懇

 

内容:

 

Uf-fuさんの紅茶の会もすでに3回目なので、

今回はちょっと変わった事をやっちゃおうかな〜と思っていたのですが、

春になったらスコーンがなんだか食べたくなって、最近よく焼いているので

アフタヌーンティーっぽいメニューにするのもいいな

と思っています。

サンドウィッチ・スコーン・タルトとか、ベーシックに。

 

サンドウィッチは経堂時代に人気だった

れんこんとゴボウのあれ、もいいなーとかね。

ふいに懐かしく思いだして、時々作りたくなるので。

 

そして、ご参加者さんのお顔ぶれや様子で

ご要望があれば(きっとあると思うけど)

紅茶の美味しい淹れ方も、もちろん!

 

大西さんは食べものとお茶をどうやって合わせてるの?

とかも知りたいですよね。

 

産地別のお茶の特徴みたいなものも

おおまかにでも分かると、お茶がもっと楽しくなるので

そんなことも知りたいですね〜

 

なんだか、いろいろありますね〜。

(ま、一度で全部は無理なのでおいおいですね)

 

初めてご参加される方は、紅茶ってこんな世界なんだーって

たくさん発見があるのではないかと思います。

そして、復習(?)と、さらなる新しい発見のために

すでにご参加されている方もゼヒゼヒ。

 

前の店から数えると、多分私も万単位で

紅茶を淹れているのではないかと思います。

けど、大西さんが淹れているのを見ると

うーーーむ・・・やっぱりなんか違うんだよね〜って思います。

 

あ、それと、紅茶の販売もいたしますので

昵懇で飲んだ美味しい紅茶、

おうちに帰ってすぐにお楽しみ頂けますよ〜。

 

美味しくて、楽しくて、ためになる会です。(ほんと 笑)

ご参加おまちしております〜!

 

注)毎度ですが、けっこうお腹いっぱいになると思いますので、

お昼は控えめか食べずにいらして頂いた方がよいかも。

お腹すいちゃうけど。

 

ご予約:

mail@jiccon.com までメールでお願いします。

その場合、件名を〈Uf-fuの紅茶の会・4月19日〉として下さい。

メールには下記をご明記下さい。

**********

1. お名前

2. ご参加の人数

 

3.携帯電話番号

 

**********

ご予約のメールを頂きましたら、こちらから折り返しご連絡いたします。

メールチェックは常々しておりまして、お返事は一両日中には
必ず差し上げるようにしております。

※お申し込み時にすでに満席の場合でも、その旨のご連絡を差し上げています。


メール送信より2日過ぎても昵懇からの返信がない場合には、
恐れ入りますが、メールアカウントを変えて再度ご連絡下さい。

 

※ご注意下さい!※

携帯よりご連絡を頂く場合には、パソコンから送信されたメールが
受け取れるように受信設定をご確認下さい。
携帯宛にメールをお届けできないことがとても多いのです。
どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

なの懇

 

※すべての回におきまして満席となりましたので

受付を終了いたしました。

 

 

↑写真はイメージです

こちらは、なのさんの作られた和菓子ではありません

 

 

2月の終わりに

素晴らしい和菓子を作られる

“なのさん” instagram:@nano518pico

と一緒にイベントをします。

 

なのさんの作られる美しい和菓子の中につまった

広々とした豊かな世界にはいつもため息が出てしまいます。

 

そして、よい仕事をするために腕や技術を磨く事は

もちろん大切だけれども、

それだけでなく、気持ちや心を磨くための時間を持つことを

もっと大切にしたいな、と思います。

 

**********

 

日時:

 

2月26日(日) 

 

●12時〜 :満席

 

●15時30分〜:満席

 

 

参加費:

 

4,500円

 

場所:

 

昵懇

 

内容:

 

なのさんの炊いて下さった餡と

昵懇の丸パンやパリパリに焼いたパイを合わせたり・・・

 

昵懇のスープになのさんのお餅(?)を浮かべたり・・・

 

初めての試みですので

一体どんなことになるのやら、本人たちにも分かりませんが。。。

今回をきっかけに、

なのさんとの繋がりがこれから面白い方向に広がっていったらいいな、

と思っています。

 

あっという間に過ぎ去ってしまう2月の最後の週末に

ほんのりと春の空気を感じつつ

美味しい時間と空間をふわりと作り出せたらと思います。

 

なのさんと昵懇の用意するいろいろなお茶と一緒に

なの×昵懇の味わいをお楽しみ頂けたらうれしいです。

 

 

 

ご予約:

mail@jiccon.com までメールでお願いします。

その場合、件名を〈なの懇〉として下さい。

メールには下記の2点をご明記下さい。

**********

1. お名前

2. 携帯電話番号

 

**********

ご予約のメールを頂きましたら、こちらから折り返しご連絡いたします。
メールチェックは常々しておりまして、お返事は一両日中には
必ず差し上げるようにしております。

※お申し込み時にすでに満席の場合でも、その旨のご連絡を差し上げています。


メール送信より2日過ぎても昵懇からの返信がない場合には、
恐れ入りますが再度ご連絡下さい。

 

※ご注意下さい!※

携帯よりご連絡を頂く場合には、パソコンから送信されたメールが
受け取れるように受信設定をご確認下さい。
携帯宛にメールをお届けできないことがとても多いのです。
どうぞよろしくお願いします。

 

77NEEDLE WORKSのワークショップ

 

 

 

 

「LUNA」

 

 

77 NEEDLE WORKSのワークショップ ※完全予約制

 

今季の新作「LUNA」を作ってみましょう。

カウチンニットのような極太の糸でざくざく編み進めます。

初心者の方もぜひご参加ください。

 

日時:

 

1月27日(金)、28日(土)、29日(日)/11時〜完成まで

※個人差がありますが、完成の目安は4時間程です。

その日のうちに仕上げて、お持ち帰りいただきます。

 

定員:

各日3名さま

 

参加費:

 

7,000円(税込)

※材料・道具等は全てご用意いたします。

※毛糸の色は8色ありますので、当日お選び下さい。

(Black、Dark Gray、Gray、Dark Navy、Navy、Brown、Beige、Sax)

 

お申し込み先:

 

mail@jiccon.com

 

※件名は「77 NEEDLE WORKSのワークショップ」でお願いいたします。

※メールには下記の3点を必ずご明記下さい。

 

**********

 

1. お名前
 

2. 携帯電話番号

 

3. 日にち

 

**********

 

ご予約のメールを頂きましたら、こちらから折り返しご連絡いたします。
メールチェックは常々しておりまして、お返事は一両日中には
必ず差し上げるようにしております。

※お申し込み時にすでに満席の場合でも、その旨のご連絡を差し上げます。


メール送信より2日過ぎても昵懇からの返信がない場合には、
恐れ入りますが再度ご連絡下さい。

 

※ご注意下さい!※

携帯よりご連絡を頂く場合には、パソコンから送信されたメールが
受け取れるように受信設定をご確認下さい。
携帯宛にメールをお届けできないことがとても多いのです。
どうぞよろしくお願いします。

 

 

  1 / 2pages   >>