夏の終わりの金継ぎワークショップ

 

 

※終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

8月の最後の日曜日、昵懇で金継のワークショップを開催します。

(昵懇のおやつとお茶付きでっす!)

 

本格的な金継は本漆を使って器の割れ目を継ぎます。

ですが、今回は“エポキシ樹脂”を使ってのお手軽版の金継です。

以下、先生役をつとめて下さるツネダさんからの説明です。

興味があるよという方は、まずは下記のテキストをよ〜〜っくお読み下さいませ。

 

 

*******

 

【ネオ金継】

 

『お気に入りの器が割れてしまったり、フチが欠けてしまったり。

直しに出すほど高価な器ではないんだけれども・・・。

 

大切なひとからもらったカップが割れてしまったけれど、捨てられない・・・。

 

いつもの花瓶がちょっと欠けてしまった・・・。』

 

そんな器を自分で直してみたい方へ。

 

金継とは本来、漆を使用して接着しますが、

この金継は“エポキシ樹脂”を使用して接着します。

 

“エポキシ樹脂”の利点は乾燥が早いために当日に仕上げて

持ち帰ることが出来るところです。

漆は乾くのに時間がかかるので、完成までに数ヶ月かかかる

ものもあります。

 

骨董品や作家ものなど高価な器etc...でしたら、

時間とお金をかけて納得ゆくまで直したり、

手入れをしたりすることをおススメいたします。

 

けれど、日常使いのマグカップやお皿、湯のみなどは

簡単に直して毎日の生活に再びとりいれて

楽しく快適に過ごしてほしいと思います。

 

“エポキシ樹脂”は漆と違い科学物質ですが、

その上から純金(食用可のものを使用)でカバーコートすることによって

漆の金継と同じように使用出来ると考えます。

 

ただし“エポキシ樹脂”の使用という点で気になる場合には

ご参加はご遠慮いただくか、

金継箇所などよくよくご検討頂いた上でのご参加をお願いいたします。

 

※金継後の注意点

オーブン、直火、電子レンジ、食器洗い洗浄機の使用はできません。

硬いスポンジや束子などでこすると金がはげますので、

優しく洗って下さい。

以上は漆で継いでも、エポキシ樹脂で継いでも同様の取り扱い事項です。

 

※食器以外のもの(陶器の置物など)も金継できます。

 

*******

 

日時:
8月28日(日) 

前半/11:00〜13:30
or
後半/15:00〜17:30

定員:
各回ともに5名さま

参加費:
2,500円(基本料金):昵懇のおやつとドリンク付き

割れ・ヒビ 1センチ毎に100円追加 

欠け 5ミリ毎に100円追加

 

※割れや欠けの具合や個人の技量により変わりますが

 

●小さな欠けのものなら3〜4個

 

●15cmくらいのお皿がまっ二つに割れちゃったよ

というようなものだと2個くらい

 

●うっかり落っことして、お皿が3つくらいに割れちゃったよ

といったものだと1、2個

 

くらいが時間内に直すことが出来るかな、

といったところのようです。

ただし、あくまでも目安としてお考え下さい。

 

お持ち頂いたすべてのものを時間内に直すことが

出来ない場合もございます。予めご了承ください。

よろしくお願いいたします。

 

場所:
昵懇

 

ご予約先:

mail@jiccon.com までメールでお願いします。

その場合、件名を〈金継ワークショップ〉として下さい。

メールには下記の4点を必ずご明記下さい。

**********

1. 代表者様のお名前

2. ご参加の人数

3. 代表者様の携帯電話番号

4. ご希望の回:(前半 or 後半)

 

**********

ご予約のメールを頂きましたら、こちらから折り返しご連絡いたします。
メールチェックは常々しておりまして、お返事は一両日中には
必ず差し上げるようにしております。
メール送信より2日過ぎても昵懇からの返信がない場合には、
大変恐れ入りますが再度ご連絡下さい。

 

 

※ご注意下さい!※

携帯よりご連絡を頂く場合には、パソコンから送信されたメールが
受け取れるように受信設定をご確認下さい。
携帯宛にメールをお届けできないことがとても多いのです。
どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

   / pages   >>